コンテンツビジネス

コンテンツビジネスの成功にコンサルは必要なのか?

コンテンツビジネスのコンサルは成功に必要

コンテンツビジネスのコンサルとは

一般的に有料の教材などはサポートが無いことが多いです。あったとしても簡易的なサポートくらいでしょう。

コンサルとは3ヶ月、6ヶ月、1年間と定めた期間にいつでも相談できる環境となっておりサポートの上位互換にあたるイメージです。

コンサルの具体的な方法はコンサルタントによって違いますが、チャットワークなどコミュニケーションが取れるアプリを使って指導することが多いでしょう。

ただし具体的なサービス内容はコンサルタントによって違うのでセールスレターを確認してください。

サポートとコンサルの違い

サポートはノウハウや教材の内容を再確認する為のモノですが、コンサルは全く違います。

ノウハウの確認なども行えますが個別具体的なアドバイス、ライティングの添削、今足りていない部分をフォローしてくれるのでサポートよりも手厚い環境がコンサルですね。

イメージ的には家庭教師に近い。

学校の授業で分からない事があったら家庭教師があなたにも分かりやすい言葉で教えてくれますよね。そんなマンツーマンの環境がコンサルティングです。

コンサルティングが最も成果を出しやすい環境だと思います。

コンサルが必要な人の特徴

  1. ノウハウだけでは成功できない方
  2. 自分に甘くルーズな方
  3. 大きな結果を出したい(起業したい)
  4. 覚悟を決める
  5. コミュニティーなど横の繋がりが欲しい

ノウハウだけでは成功できない方

有料・無料に関わらず情報やノウハウで溢れかえっています。

でも殆どの方が成功できていない様にノウハウを使いこなせていない方は多いです。ノウハウを使いこなせているのなら成功できているわけですからね。

ノウハウも学んだけど具体的にどうやって行動したらいいか分からない方はコンサルは検討するべきでしょう。

自分に甘くルーズな方

これは僕もそうですがコンテンツビジネスは1人でも出来るので、時間にルーズになってしまったり、自分で決めた期日を守れないなどありませんか?

そういった方は誰かに管理をしてもらうという発想が必要です。

ホウレンソウをする相手がいたら怠けられないので、自分に甘い方はコンサルを必要だと思います。

大きな結果を出したい・起業したい

月収100万円以上など大きな結果を出したいのならコンサルは必要だと思います。

現在進行系で流行っているノウハウがあるので、そのノウハウを直接狙い結果を出していきましょう。

また起業を目指している方は現時点で起業している方にコンサルを受けた方がいいでしょう。

起業する場合は稼ぐ以外にも税務関係などの知識も必要になってくるので、起業経験がある方にアドバイスをもらった方がスムーズです。

覚悟を決める

ビジネスをやっていくとそろそろ大きな結果を出そうであったり、起業しようであったり覚悟を決めるタイミングがあります。

ただそのタイミングは自然に発生したりしないので、コンサルを受ける=覚悟を決める。そんなタイミングでコンサルを受ける方は多いです。

僕自身も自己管理が出来なくなった時、覚悟を決めたタイミングでコンサルを受けることがよくあります。

何か人生のイベントを自分で作りたいと思ったら良いタイミングだと思います。

コミュニティーなど横の繋がりが欲しい方

コンサルをやっている方だとコミュニティーも運営しており参加することで横の繋がりや人脈を構築できます。

ビジネスをやっていくと切磋琢磨できる仲間がいるとモチベーションアップにも繋がります。

横の繋がりが欲しい方はコンサルを検討しましょう。

コンサルが不要な人・受けるべきではない人

  1. お金に余裕が無い方
  2. お小遣い稼ぎレベルの方
  3. 他人依存が激しい人

お金に余裕が無い方

コンサルは費用も高額になることが多いです。お金に余裕がない方はオススメしません。

またお金に余裕がなくても費用対効果で考えれない場合もオススメしません。

お小遣い稼ぎレベルの方

毎月5、10万くらいお小遣い稼ぎレベルの方もオススメしません。

ステージが違うと言いますが、コンサルを受ける場合は大きな金額を稼ぎたい時に絞った方がいいです。

他人依存が激しい人

とくにおすすめしないのが他人依存が激しい人です。もっと具体的に言うと他責思考の人です。

ビジネスは100%必ず成功できるものではありません。

失敗した時に自分で責任取れない方や人のせいにしてしまう方はオススメしません。

まだ起業家としてマインドセットが出来上がっていないのでコンサルを受けるタイミングではありません。

詐欺コンサルの見極め方

実績がない
必要な情報を公開しない
煽りが激しい

実績がない

実績がない=稼がせる能力がないと100%言い切れませんが、実績がハッキリしていない方のコンサルは厳しいでしょう。

実績に関しては出来るだけ情報が公開されている方が理想です。何かしら実績を証明できるものがあるはずです。

文字だけでなく証拠となる画像など確認しましょう。

必要な情報を公開しない

特商法など公開しないといけない情報があります。

そういったルールを平気で無視してコンサル活動している方は危険でしょう。

最低限やらないといけない事ができないので大人として自立していないと思います。

煽りが激しい

セールスなどの煽りが激しい方は厳しいかもしれません。

セールスなので多少の煽りは必要ですが、煽りが激しい方は焦っている可能性があり、マインドが成熟していない可能性があります。

コンサルも最終的にはコミュニケーションなので良好な関係が維持できない可能性があります。

コンサルの必要性│成功したい方へ

結論としまして、成功したいと思っているのならコンサルは受けた方がいいでしょう。

とくにコンテンツビジネスは集客→教育→販売と一連の流れが分かっていないと売上が経ちません。

そういった全てをサポートしてくれる環境に身をおく方が成功しやすいです。

また知識やノウハウだけで成功できるのなら既に多くの方が成功するはずですが、未だに成功出来ていない方は多いです。

環境に投資する

つまり知識やノウハウなど情報だけでは成功できないのです。

先程も言いますがコンサルとは家庭教師に似ています。

教科書を見て分からない点があれば、あなたの目線で助言してくれる・・・そんな方がいれば知識もすんなり入ってきますよね。

いつでも相談できる、いつでも教えてくれる、この環境に投資することが大事なのです。

自分に合ったコンサルを選ぶ

ただコンサルは1対1の期間が長くなるので自分の思想や価値観と合う人間とお付き合いした方がいいです。

相性の合わない方だとどちらもシンドいですからね。

出来るだけコンサルタントの動画コンテンツに触れていくと人間性がわかり判断しやすいと思います。

毎月7桁を継続して稼ぐ「自分軸」起業ウェビナー

30歳で貯金ゼロ!?

時給900円のフリーターがコンテンツ販売で5000万円以上を稼いだ秘密を公開。

毎月7桁を継続的に稼いで「自分軸」起業ウェビナーを無料で公開。

攻略ロードマップ、ビジネス適性診断、コンテンツ販売の教科書の特典付き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です