コンテンツ販売ビジネス高単価商品の作り方を初心者にも徹底解説!

今回はコンテンツ販売、コンテンツビジネスの高単価商品の作り方を初心者にも徹底解説した記事を作成しました。

高単価コンテンツビジネスをやっていくことで得られるメリットや商品の具体的な方法もお教えします。

今回の記事を読まずにビジネスを開始しても失敗する可能性があるので、必ずご覧になり必要な情報を手に入れてください。

高単価商品を保有することができれば人生を変えるキッカケにもなるので真剣にご覧ください。

目次

高単価コンテンツビジネスとは

コンテンツ販売、コンテンツビジネスとは人間の悩みを解消する様なオンライン商品を販売して稼ぐビジネスモデル。

オンライン商品以外にもコンサルティング、コーチング、カウンセリング、セラピスト、スクール運営、オンライン講座なども含まれす。

30~100万円といった高価格帯商品を販売できる

こういったコンテンツ販売、オンライン商品となると価格もピンキリで低いモノですと1000円から販売されている様なモノもあります。

高単価コンテンツビジネスとは低価格な商品ではなく、30~150万円といった高価格帯の商品を販売できるのが魅力の一つです。

企業に向けて販売するのなら300万、500万、1000万円といった価格も存在しますね。

高単価=詐欺商品なのか?

こんな高い商品なんて詐欺じゃないの?と思う方もいるでしょう。しかしコレはハッキリと詐欺ではないと否定できます。

例えばライザップは2ヶ月で30万、54万円なんてサービスがありますが、なぜ人はこの様な高単価にお支払いするのでしょうか?

それはマンツーマンの指導があり、あなたにカスタマイズされたカリキュラムが用意されているかたです。

こういったサービス面だけでなく、人によってはダイエットできない事を深く悩んでおり、高いお金を出してでも結果を得たいと行動するのです。

高単価だからこそできるVIPなサービスが提供できる!これが高単価商品の本質なんです。

サポートが手厚いオンライン講座を作る

高単価コンテンツビジネスとは色々説明できますが、

・起業やビジネスが学べるWEBマーケティング講座
・オンラインのダイエットコーチング講座
・童貞が彼女を作る為の恋愛講座

分かりやすく説明するとサポートの手厚いオンライン講座を作ると理解してください。

今回の記事ではそんなオンライン講座の作り方を解説しています。

本題にいく前に高単価コンテンツビジネスで得られるメリットについて説明します。

高単価コンテンツビジネスをやるべき5つの理由

高単価コンテンツビジネスをやるべき理由

①高単価コンテンツ販売は凡人でも圧倒的に成功しやすい

目標が年収1000万円だとします。

3万円の商品だと350点販売しないといけません。30万円の商品であれば35点販売するだけです。

少ない労力で目標達成できるので高単価商品を扱う事がいかに有利なのか伝わったと思います。

これはどんなビジネスでも共通ですが、個人事業主、中小企業は高単価商品を扱う方が成功しやすいです。

1万円だろうが100万円だろうがどちらにせよ集客、セールスなど販売コストは掛かるので、それであれば出来るだけ高い商品の方が効率的。

単純にロジック、合理的なお話なのです。もし独立したい起業を考えているのなら、高単価コンテンツビジネスは必須条件だと言えます。

②成功させることで更に儲かる仕組み

コンテンツビジネスは稼ぐこと以上に稼がせることが最も大事です。

基本的にノウハウだけでは人は成功できません。そこで何をしないといけないのか?

コミュニティーであったり、手厚いサポート環境こそが成功できる環境です。

低単価では実現できないサービスが高単価の魅力のひとつ。

またあなたの元から成功者が生まれることで新しいお客様を連れてきてくれます。

つまり成功させる事で更にあなたが儲かる仕組みとなっているのです。

高単価で最高級のサービスを提供し成功者を生み出していきましょう。

③ストレフリーな世界線│付き合う人を選べる

【薄利多売】低単価なコンテンツを沢山販売していると、本来買うべきではない変な人がたまに来てしまいます。

高単価コンテンツビジネスであれば審査を設けたり、自分の理念と違う人に売らないという選択も可能です。

むしろ売上の為とは言え、自分と相性の合わない方には売るべきではありません。

こうやって付き合う人をコントールすることでストレスフリーな世界を作っていけるのです。

自分の価値観と合わない方と一緒に仕事するのは苦痛でしかありませんし、自分を壊す原因の1つです。

④広告を出しても利益を出しやすい

ビジネスのスケールを考えた場合、WEB広告を使う選択肢があります。

広告を使って利益を出すというのはWEBマーケティングの中でも成功した時のリターンはデカい。

難易度は高く誰でも簡単に利益を出せるモノではありません。

しかし高単価商品であれば、広告を使ったとしても利益を出しやすい構造になっています。

例えば50万円の商品であれば1件販売するまでに、5~10万円まで広告費を使えるのです。

1万円以下の商品であれば1件販売する為に5000円以内に抑えたいところですよね。

低単価商品と比較しても10倍以上の広告費を捻出できるのは成功しやすい要員の一つ。

⑤セミFIRE達成!?数年で資産形成が可能

一般的に資産形成をするのなら毎月5万円を積み立てる。それを30年継続することで2000万円以上の資産を作ります。

高単価コンテンツビジネスなら30万円の商品を作り、5年以内に200本販売できれば、売上は6000万円です。

経費、税金を半分払ったとしても3000万円残りますよね。

数年以内に資産を作りたいのなら投資ではなく、高単価ビジネスがオススメです。

・30年間毎月積み立てるのか?
・それともビジネスを覚えて数年で数千万円の資産を作るのか?

どちらの人生を選びますか?

高単価コンテンツビジネスのデメリット

高単価コンテンツビジネスは収益性も高く起業を目指している方にもオススメなビジネスモデルであることは間違いありません。

しかしメリットばかりではないので、デメリットもしっかりと理解していきましょう。

属人性が高くなる

高単価コンテンツビジネスのデメリットを上げるとするのなら属人性が高くなってしまうことです。

高単価商品の魅力は手厚いサポート環境やサービス提供者と繋がれるポイントです。

社長業をしている方からするとデメリットだと感じる方も多いでしょう。

確かにデメリットの様に思う点もありますが、ビジネスとして希少価値や差別化を考えるうえでは属人性は武器になります。

また属人性が高いからこそ負けにくいビジネスとも言えるので、デメリットはヒックリ返せば長所だと言えるでしょう。

サポートの負担

手厚いサポートが売りということもあり、サポートがネックに感じている方もいるでしょう。

まずサポートに関しては育てたコミュニティーメンバーを起用することで負担を減らすことは可能です。

ただどんなビジネスをやったとしても放ったらかしで楽して稼げるワケではないので、サポートをしっかりやる事を大前提にした方がいいです。

それでも十分な金額を稼げるしサポートし稼がせることが醍醐味ですからね。

成功させる事に喜びを見いだせる方はオススメですが、一切サポートをしたくない方はそもそもオススメしていません。

マーケティングの勉強が必要

高単価コンテンツビジネスで売り上げを作っていくには何となくノリで売れるわけではありません。

商品を販売する為の知識やスキル、マーケティングを勉強し理解する必要があります。

マーケティングを勉強するのも簡単ではありませんが、理解する様になると他のビジネスでも応用が効きます。

マーケティングを学ぶことは生涯使えるスキルなので割り切って勉強する選択もアリと思います。

高単価商品の作り方│基本編

・会員サイトを作り講座を用意する
・自社決済を導入する(脱プラットフォーム)
・ツールの導入:UTAGEシステム
・徹底したサポート(コンサルティング・コーチング)
・モチベーションを維持する環境

コンテンツ販売やオンライン講座において、高単価商品を作るにはこの5つが必要になります。

それぞれ解説をしていきます。

会員サイトを作り講座を用意する

まずお客様が学習する為の会員サイトが必要となります。

・パスワードがあり会員サイトしかログインできない
・学習しやすい設計になっている

会員サイトはYouTubeの様に誰でも閲覧できる様な空間ではなく秘匿性が高く、会員にならないと学べない様なサイトにする必要があります。

その為にはパスワードで管理をしてください。

講座は動画コンテンツを提供する

また学習しやすい設計とは最近であれば動画コンテンツで学習するのが主流です。

動画についても5~10分くらいに小分けにしてピンポイントで学習しやすい環境を提供できると尚良いです。

・パワーポイント風の動画
・マインドマップを使った動画

YouTuberの様に画面に向かって喋るのではなく、セミナーの様なテキストベースの動画が学習には好ましいです。

30~150万円といった高単価商品を購入したのに会員サイトがないとか動画コンテンツが充実していないとお客様としては物足りないでしょう。

テンプレートも豊富にする

講座と言っても本質的なことばかりでは初心者の方は思うように行動できません。

そこでテンプレートも豊富に用意することで実践しやすい環境を構築してください。

テンプレート以外にも〇〇シートとかリサーチファイルを共有したり時短できる特典もご用意すると喜ばれます。

またやり方によっては代行してあげるという方法もありますね。

テンプレートを豊富に用意しておくとセールスにも特典訴求として役立ちます。

自社決済をする(脱プラットフォーム)

それと高単価商品を扱っていく時は決済代行会社と契約して自社で決済をする必要があります。

コンテンツ販売やオンライン商品の販売はココナラ、note、Brainなどプラットフォームを使って販売できますが30万を超える高単価商品は販売できないケースもあります。なので高単価商品は自社決済が基本です。

自社決済をすると言うと何か難しいイメージがありますが、大きなメリットもあります。

まずプラットフォームと比較しても手数料が低いです。

また24分割みたいな決済をしても一括で振り込まれるなどキャッシュフローも改善されます。

この様に現金でお支払いできない様な商品も分割で販売することが出来るので自社決済をすることはメリットしかありません。

ツールの導入:UTAGEシステムがおすすめ

会員サイト、自社決済、テクニカルな話で頭が混乱してしまった方もいるでしょう。

そんなあなたにオススメなツールがあります。それはUTAGEといってこのシステムを導入すれば、

・会員サイト
・自社決済
・LINEステップ配信
・ステップメール
・LP制作
・自動化

などオンライン講座を運用するための機能が全て詰まったオールインワン・システムなので導入必須です。

UTAGEシステムについては別記事で徹底解説しているのでご覧ください。

あわせて読みたい
UTAGEシステムのおすすめ機能を徹底レビュー!コンテンツ販売を自動化 今回はマーケティングの自動化アイテム「UTAGEシステム」について記事を書いていきます。 最近はSNSでも話題になっていることもあり評判や機能など調べてみる方も多いで...

徹底したサポート(コンサルティング・コーチング)

高単価商品の魅力と言えば高単価だからこそ実現する徹底したサポートです。

お客様をサポートし成功させることで口コミが生まれます。その口コミを見て新規顧客を連れて来てくれる。

ビジネスにおいての好循環が生まれるのです。つまり儲かります。

・何でも質問できる環境
・添削する
・ビデオチャット

徹底したサポートとは主にこの3つです。

何でも質問できる環境

Chatworkなどコミュニケーションできるアプリなどを使って何でも質問できる環境を提供しコンサルティングやコーチングを行いましょう。

会員サイトで講座やコンテンツを提供していきますが、質問できる環境は心強いですよね。

コミュニケーションアプリはChatwork以外にもSlack、Discordなどあります。基本的にどれを使っても問題ありません。

添削する

ただ一つ問題があって初心者の人からしたら何でも質問できる状況だと、そもそも質問が思い浮かばないというケースもよくあります。

そこで最も成功に近づくのが「添削」。

SNSのアカウント、投稿の作り方、コンテンツ制作など初心者の方はどこかズレています。

それら正す為には個別具体的なアドバンス、その人に合わせた指導方法、添削が必要なのです。

添削は正直なところすごい大変です。

しかし成果を出してもらう為には必要なサービスですしお客様にも喜ばれるサービスです。

ビデオチャット

主に使うアプリとしてはZoomですね。

Zoomを使ったオンライン会議・ビデオチャットを使うことで個別具体的なアドバイスができます。

またお客様としては主催と繋がれる貴重な機会となるので高い価値を提供できます。

テキストだけのコミュニケーションだと理解が追いつかないお客様にとっても最高のサービスです。

高単価商品の本質は「体験価値」です。徹底したサポートを通じて本気で成功させる姿勢をみせることで高い体験価値を感じてもらえます。

モチベーションを維持する環境

高単価商品の特徴として成功させる為に手厚いサポートが大事だと言いました。

確かにサポートは重要なのですがモチベーションを維持する為の環境も大事です。

・コミュニティー
・グループコンサル
・オフ会

その環境とは主にこの3つです。

この3つを使ってお客様のモチベーションアップに貢献します。ではそれぞれ解説しますね。

オンライン講座の参加者限定でコミュニティーを作っていきましょう。

  • SNS運用の部屋
  • デザイン共有の部屋
  • マーケティングの部屋
  • 成果報告の部屋
  • 雑談の部屋

具体的にはChatworkなどのコミュニケーションアプリを使ってグループを作っていくといいでしょう。

SNSの様な無料とは違って有料会員様のみが入れるVIPなコミュニティーを作ることで、ここでしか得ることができない空間が生まれます。

オンライン講座に参加するお客様は基本的には一人でモクモクと作業をすることになるので、仲間の存在は心の支えになったりします。

グループコンサル

Zoomなどを使ったグールプコンサルもおすすめです。

コレの何がいいのか?それは初心者の方だとどんな質問をしたらいいか分かりませんし、成果を出している方の基準が分からない。

グループコンサルをやることで自分以外の人がどんなことに悩んでいるのか把握できたりするので参考になります。

また成果の出ている方など自分以外がどんな基準値で行動しているのか客観的な視点を学べるのも魅力の一つ。

それと同じコミュニティーに参加している方との交流にもなるのでコミュニティーの活発化が進みます。

オフ会

オフ会の様なイベントを打つことも非常に喜ばれるサービスの一つですね。

主催、コミュニティーのメンバーと会える貴重な機会です。普段はオンラインだけの交流ですがこういったリアルイベントを挟むことでコミュニティーメンバーとの親交が深まります。

  • リアルセミナー
  • 懇親会や飲み会

オフ会ではこんなのがベターですね。オフ会についてはとくに決まりはありませんので、あなたのキャラクターに合わせた企画を開催するのも独自性に繋がります。

僕が以前参加していたコミュニティーではバンジージャップをするとか、高級ホテルのラウンジでリアルグルコンするなどありました。

注意点

コミュニティー運営では、クレーム気質な方の参加には注意を払いましょう。そういった人が参加してしまうと最悪コミュニティーを崩壊させる危険性があります。

プロダクトローンチなど販売導線から教育していくことや商品をセールスする際にクレーム気質な方はお断りするなど対策をしておきましょう。

高単価商品の作り方│応用編

高単価商品の作り方:基本編で紹介した会員サイトを作りコンテンツを提供する、徹底したサポート、コミュニティー運営。これさえできれば高単価商品は十分に運営できるでしょう。

折角なので応用編もご紹介します。

ツール・システム化

高単価商品の基本編に加えてツールやシステムを導入することで非常に価値の高い講座になります。

例えば転売系スクールなどでよくあるのが、コミュニティーメンバー限定で専用のリサーチツールが使えるなどはたまに見かけます。

これはちょっとしたものとかでもいいです。

例えばスプレットシートで出来る数値計算表みたいな数字を管理できるシートを特典としてご用意するだけでも反応は良くなります。

代行業・プロデュース

オンライン講座とは学習コンテンツを提供して知識やスキルを身に付けるというのが前提にあります。

しかし一々勉強したくないという方やお金を持っている経営者や忙しい方に向けて代行で受け付けるという方法もあります。

例えばSNSの運用代行をするといった方法や自分の売り出し方が分からない方に向けてプロデュースをしたり方法は沢山あります。

お金を持っている経営者層にSNS、広告運用、マーケティングを代行するなど流行っています。ターゲットを変えてみると高単価が実現することもあるのでリサーチしてみてください。

高単価商品のサービス料金・価格を決める

さあ次は商品やサービスの料金・価格帯を決め手いきましょう!と言われても初心者の方だと全くイメージできませんよね。

そこで商品の価格を決める方法をご紹介します。

業界の基準値

  • 半年間のコンサルティングで30万円
  • 1年間のコンサルティングで50万円

マンツーマンで徹底サポートした場合に実績が低い人でも最低の価格帯はこのくらいの料金が相場です。

最初はもっと低い金額で始めてもらっても構いません。これはあくまで相場的なモノなので参考にしてください。

複数のコースを用意する(松竹梅)

ノーマルコースシルバーコースゴールドコース
会員サイト
グルコン
個別コンサル
オフ会期間中2回期間中2回
料金5万18万30万

例えばこんな感じでコース分けすることで高単価を支払えない人にもサービス提供が可能となります。

また個別サポートが高い商品であることをお伝えすることができます。

コースについては3つ用意しなくてもいいですが、2つはあるといいですね。

同業者をリサーチする

講座の内容、サポート内容も含めて同業者のリサーチをしてみるのもオススメです。

商品も自分の頭にある情報だけで完結しても独りよがりになってしまうので実際の相場を調べることも大事です。

なんなら商品を購入してみるのもいいでしょう。

高単価コンテンツビジネスをオススメしない人・オススメな人

オススメしない人

●お小遣い稼ぎレベルで満足している方
●一切コミュニケーションをしたくない方
●学ぶ姿勢が低く自己成長に投資ができない方

オススメする人

●毎月7桁を安定して稼ぎたい方
●いずれは起業・独立を考えている方
●不安定なビジネスから脱却をしたい方
●低単価コンテンツ販売から抜け出したい方
●稼がせる・成功させる事に喜びを見いだせる方
●属人性を活かしたコンサル&コミュニティーを運営したい方
●数年で資産を形成したい方(3000万円以上)
●自動化の仕組みを作り自分の時間を大事にしたい方
●ビジネスを通じて自信を取り戻したい方
●上記を手に入れる為に自己投資ができる方

最後に│高単価コンテンツビジネスを始めませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

高単価コンテンツビジネスをやっていくのは簡単ではありません。しかし始めるのにリスクもないですし上手くいけば儲かります。

しかも数年以内にセミリタイアできるレベルで資産形成ができる可能性すらあります。

もしあなたがこれから高単価コンテンツビジネスを始め人生を変えたいのなら是非始めてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次