おすすめツール

コンテンツビジネスで月収100万円以上稼ぐ為におすすめのツール5選

コンテンツビジネスで月収100万円以上稼ぎたい!

そんな方におすすめなツールをご紹介します。

コンテンツビジネスが個人で出来て圧倒的に稼げる理由は、本来一人では出来ない事もツールやシステムを使い効率化できる環境が整っているからです。

ツールやシステムを使いこなし毎月100万円を生み出す仕組みを構築しましょう。

コンテンツビジネスで月収100万円稼ぐ為に必要なツール5選

  1. ワードプレス(有料テーマ
  2. LP作成ツール
  3. ステップ配信ツール
  4. 画像編集ソフト
  5. 動画編集ソフト

コンテンツビジネスで収益を伸ばしていきたいのならある程度設備にも投資していきましょう。

月に100万円以上超えたいのなら必要経費はしっかりと払い使いこなしていきましょう。

コンテンツビジネスで大きく稼ぐ秘訣は効率の良いシステムやツールを使いこなす事が重要ですからね。

既に似たようツールや同等のシステム・ソフトを使っているのなら無理に導入する必要はありません。

必要なのを見極めて導入検討してください。

どのくらいの費用が掛かるのか?

ワードプレス構築
有料テーマ
年間1万3000円ほど
1~2万円ほど(買い切り)
LP作成ツール 2万9800円
ステップ配信ツール 無料で使える/課金:月額1万円~2万円
画像編集ソフト 無料で使える/課金:月額1500円
動画編集ソフト 無料で使える/課金:9800円(買い切り)

今回ご紹介するツールの料金体系はこの様な感じ。

全部導入したとしても年間で15万円ほどの投資となります。

最初は無料で使えるものもあるので、タイミングで課金してもOKです。

月収100万円以上突破する成功者のマインドセット

まずマインドセットからお話させてください。

コンテンツビジネスで月収100万円を超える様ないわゆる成功者といわれる方は投資するべきモノにはしっかりと投資しています。

あとオススメされたモノを疑わずに使う素直さも兼ね備えています。

■成功できない方の特徴

逆にいつまでも成功できない方は本来、必要経費さえもケチってしまいます。

だから、いつまでもビジネスのステージが上がらないのです。

浪費と必要経費を見極めて必要なことには投資はしていきましょう。

1000円なら安い、1万円は高い、といった判断をするのではなく、費用対効果で考えましょう。

とは言え、全てをいきなり導入する必要はありません。

あなたのタイミングで順に導入していけばOKです。

①ワードプレス

ワードプレスは独自のサイトやブログを構築できるソフトウェアのことです。

独自とは自身でサーバーとドメインを取得して作るサイトを指します。つまりは有料。

コンテンツビジネスをやるのであれば、自分のブログは絶対にもって欲しいです。

ブログを書くのならnoteの様な無料ブログでもいいのですが、無料ブログは削除されてしまうことがあります。

そうなると積み上げたモノが無駄になってしまいますよね。

自分のブログは長期的な資産となるので、独自で作るのがオススメです。

ワードプレスで出来ること

ワードプレスには、テーマというものがありテーマを導入することで自分が作りたいブログを簡単に構築できるのです。

その他にも会員サイトを作ったり、セールスページを作ったり、Stripeと連携して決済をするなど実は色々できるのです。

とくにコンテンツビジネスで、有料会員サイトを作る場合はワードプレスで作るのが主流です。

有料テーマを導入しよう

最近は無料のテーマでも良いとは沢山あります。

ただワードプレスの導入って相性の良いプラグインを検証したり、デザインの変更、使い方を覚えていかないといけません。

それらをイチイチ覚えるのは大変でしょう。

でも有料のテーマであれば、操作方法のマニュアルがあるのでそれに従って構築するのが最もオススメです。

値段に関しては、1~2万円以内のテーマであればどれも優秀です。(買い切りを選んでください。)

デザインとかお好みで選んでもらえたら大丈夫です。

SANGO、JIN、SWELL、THE THOR、この辺りを使っていれば間違いないでしょう。

ちなみに僕はJINを使っています。

>>ワードプレスの構築方法はこちら

②LP作成ツール

コンテンツビジネスでは、リストを獲得する為にLP(ランディングページ)を作成したり

またセールスレターを書く時にも便利なのがLP作成ツールです。

実は有料のテーマを導入するとLP機能はついています。

ただデザインに無駄な機能が多いので、無駄がなく完成度を求めていくと個別にLP作成ツールを導入するのが好ましいです。

LPを外注で作った場合の費用

LPは外注に依頼して作ってもらうこともできます。

LP作成は安い所で5万円、相場としては10~20万円くらいが相場です。※内容による

まだ駆け出しの方には厳しい数字ですよね。

それにLPは作ってからも反応見て修正する必要がありますからね。

そこでオススメなのがワードプレスに導入できるLP作成ツール。

ワードプレスの感覚でLPを作成できるのでプログラミングも出来なくても大丈夫。

買い切りのツールであればそれ以上に費用は掛かりませんから修正し放題。

LPtools

ワードプレスに導入できるLP作成ツールでオススメなのは、キャッチザウェブの「LPtools」です。

コレ1つでプロ並みのLPが作成できるので、市場で出回っているLP作成ツールの中でもトップクラスに性能が抜群です。

費用は税別で2万9800円と少しネックに感じるかもしれません。

しかし、使ってみたら満足できる内容なので余裕で元は取れますよ。

③ステップ配信ツール

ステップ配信ツールとは、LINEやメルマガの登録後にステップ形式で自動にメッセージを配信できるツールのことです。

1日目は挨拶、2日目にはプレゼント、3日目にはセミナー告知

この様にあらかじめ作ったシナリオを自動で配信することで効率化できるツールです。

これはコンテンツビジネスをやっていくうえで、ほぼ必須のツールと言えるでしょう。

LINEステップ配信ツールとメルマガは併用する

ステップ配信ツールは主にLINEとメルマガでどちらでも行なえます。

基本的にはメインはLINEのステップ配信を使い、予備としてメルマガを持っておくのが理想です。

LINEの場合、セールスが過激だとアカウントがバンする事例が多発しておりリスクヘッジとしてメルマガを併用する方が多いです。

ただ初心者の方がいきなり2つの配信ツールを使うのは、恐らく大変でしょう。

まずはLINEのステップ配信ツールを使い売上が出来たり、ある程度仕組みが出来上がったらメルマガを導入するといいでしょう。

プロライン(LINEステップ配信ツール)

LINEステップ配信ツールならプロラインがオススメです。

月間配信数1000通までならゼロ円で使えるので、初心者に有り難い内容となっています。

月間配信数が1000通を超えると課金が必要になります。月額9800円。

ただ月額9800円でも復数のアカウントが使えたりとコスパはNO1ですね。

取り敢えず無料で使えるので、まだ使った経験が無い方は導入してみましょう。

■メルマガ配信スタンド(myasp)

メルマガ配信スタンドなら、マイスピー(myasp)がおすすめです。

マイスピーは数あるステップメールの中でかなり優秀なツールです。

コンテンツビジネスやっている方の多くがこのマイスピーを使っていると思います。

プラン 料金(月額)
ビギナー 3300円
パーソナル 6600円
スタンダード 11000円←オススメ
マッハ 33000円

オススメなのは、スタンダードプランです。

実はこのスタンダードプランには、メルマガと連動したLINEステップ配信機能もあるのです。

つまりこのプランに加入すれば、メルマガもLINEもどちらも出来てしまうのです。

最初からマイスピーだけを選ぶのも賢い選択ですね。

またマイスピーは、決済機能も豊富で高額商品の分割払いを使いたい場合は、絶対に導入をオススメします。

④画像編集ソフト

コンテンツビジネスを進めていくうえで画像編集は少しだけでも出来るとかなり楽です。

SNSに投稿する画像、ブログで使うバナー、YouTubeのサムネイルなどちょこちょこ使うタイミングはあるのです。

しかし、プロ並みほどの編集スキルは必要ありません。

そんな方におすすめなのが、Canvaという画像編集ソフトです。

Canva(キャンバ)

このCanvaはハッキリ言って、かなりオススメです。

まずサイト無いで画像編集や保存も出来るので、管理もかなり楽です。

画像編集スキルが無い方でも感覚的に操作ができる様になっており簡易的なバナー作成などに超絶フィットします。

またインスタグラム、YouTubeのサムネなど最初から画像のサイズや素材も用意されております。

フォトショップなどの操作が出来ない方は、ほぼ必須の編集ソフトですね。

最初は無料で使えますが、便利すぎたので速攻課金しました。(月額1500円)

プロや外注に画像を依頼する

ブログのヘッダー画像とかカッコよく綺麗に見せたい画像ってあると思います。

WEBデザインのスキルが無い方は、ここぞという時は外注さんやプロに依頼して作りましょう。

僕の場合は、ブログやSNSで使う素材に関しては自分で作りますが、LPのヘッダーを綺麗にしたい時はプロに依頼します。

この様にプロや外注とCanvaを使い分けると良いでしょう。

動画編集ソフト

最近はTiktokやYouTubeなど動画を使った集客も主流です。

コンテンツビジネスを進めていく場合でもコンテンツを動画で撮ったり、教育を動画でするのは主流というか当たり前です。

現状のマーケティングを考えると動画を使うのは、ほぼ必須なのです。

動画編集ソフト(Filmora)

僕も何個か動画編集ソフトを触れてみましたが、このFilmora(フィモーラ)が一番しっくりきました。

まずこの動画編集はプロを目指す方にはオススメ出来ませんが、ちょっとだけ編集したい方にはオススメなソフトです。

僕も編集は殆ど出来ませんが、動画を撮ってるとカットをしたり、音声を調整したり、少しだけ編集は必要ですからね。

まずこのFilmoraは、各SNSの動画サイズに対応しております。

●YouTubeは16:9
●Instagramで使う正方形の動画1:1
●Tikitokなどのスマホ縦動画9:16

などでサイズを変更して動画を作れるのでSNSに合わせて動画を編集できます。

僕が昔使っていたソフトはこれが出来なくてオサラバしました。

とくにこれからの時代はスマホ縦動画、ショート動画は流行るので対応できる様にしておきましょう。

その他にもスクリーンレコーダーといって、デスクトップを録画できる機能も搭載しています。

プレゼン資料を動画で読み上げる時には必須の機能ですね。

それとここ重要なのですが、操作性も非常に高くレスポンスも良いです。

僕と一緒で簡単な動画編集だけしたい方にはオススメです。

※無料で使えますが録画するとロゴが映ります。8980円で買い切りで購入可。

コンテンツビジネスで稼ぎ続ける自動化の仕組み

今回ご紹介したツールは一つ一つが独立して使えて、便利なツールとなっています。

ですが、コンテンツビジネスで大きな売上を作るのには仕組み構築が重要です。

仕組み化

①LPを作成しリストを獲得する

②ステップ配信で教育をする

③教育では動画コンテンツを提供

④セールスレターを作り商品を販売する

⑤購入者を会員サイトへご案内する

⑥上記を繰り返す

ざっとではありますが、これが仕組み化です。

この仕組を作るうえで、これまで紹介したツールを殆ど使っています。

こうやって自動で売れる仕組みができれば、毎月100万円以上を安定して稼ぐことができるのです。

もしあなたがこれから自動で稼ぐ仕組みを構築したいのなら上記ツールは導入していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。