副業

サラリーマンが副業を始めるべき理由!得られる3つのメリットとは

ネットビジネスを始める理由

副業やりたいけど、結果ズルズルとやらずに来てしまったあなたに警告します。

今スグに副業を検討し始めることをオススメします。

 

いまの日本は経済的にも良いとはいえない状況ですし、最近は物価も高騰しています。

今まではやりたい方がやればいい。そんな時代でしたがこれからは必須の時代と言えるでしょう。

サラリーマンが副業を始めるべき理由

もうご存知のとおり日本経済はオワコンと言われており連日ニュースやメディアでも語らていますよね。

決定的だったのがこのデータ。

死亡率が出生率を上回ってしまい、これから日本はドンドンと人が減っていき国力が下がっていくでしょう。

僕はこのデータを見て本当に驚きました。修羅の世界がやってくると。

 

その他にも問題を上げたらキリがありませんが、終身雇用の崩壊、老後資金2000万円、少子高齢化、最近では戦争の影響でドル円が瀑上がり。

物価の値段も高騰しトリプルパンチ、てかパンチ何発撃たれるの?ってくらい食らっています。

 

自分の身は自分で守る

これまでは「何とかなる!」みたいな思考停止&能天気でも問題なく生活できました。

もうこれからはそんな甘い時代じゃないので、考えを改める必要があります。

 

国や会社があなたを守ってくれるわけじゃないので、自分の身は自分で守りましょう。

大切な方を守れるのは、あなただけですからね。

 

副業はWEB系に係わる仕事をする

副業と言ってもなんでもいいわけじゃありません。アルバイトとか肉体労働は基本的にオススメしません。

働けば必ずお金は入ってきますが知識やスキルが身に付かないのでお金以外に得るものがないのです。

 

これから副業をやるのならWEB系に係わるビジネスをやる様にしてください。

今の日本経済やビジネスシーンはWEBが当たり前の状況になっているので、この時代にWEBの理解が浅いのは死活問題ですよ。

 

副業で得られる3つのメリット

①会社以外の収入源を構築できる
②WEBビジネスの知識やスキルが身に付く
③サラリーマンでも節税できる

会社以外の収入源を構築できる

当たり前ですが副業をやれば収入が増えます。

上記でも説明しましたが日本経済は低迷する一方。

 

あなたの働いている会社は今後潰れる可能性もあるのです。

もし会社が潰れてもいい様に、毎月5~10万円でもいいので会社以外の収入源を構築しておきましょう。

 

会社が倒産することも視野に入れる

2035年。コレはなんだかわかりますか?

2035年以降はガソリン車、ディーゼル車の新車販売が出来なくなり電気自動車しか販売できなくなります。

 

日本の産業って車一本足打法なんて言われており車の比重がデカいです。

しかしこれからは時代が変わり電気自動車の時代になる。

 

そうなるとトヨタのサプライチェーン(下請け)は軒並み倒産します。

あのトヨタ関連事業でさえこの始末なので、会社が潰れるかもしれない可能性は考えておきましょう。

 

その為にも副業で会社以外の収入源を構築しておきましょう。

月に5~10万円くらいはそこまで難しくはありません。

 

WEBビジネスの知識やスキルが身に付く

WEBビジネスに関連する副業をやっていれば自然と知識やスキルが身に付きます。

 

今の日本経済やビジネスシーンWEBが中心です。

われわれ日本人の生活を見ていれば分かると思いますが毎日スマホを持って、SNSをやったり、YouTubeみたり、常にネットに繋がっている状態です。

 

もしこれから新規ビジネスを行うのであれば、ホームページを作成しWEB広告を打つ。

SNSを使って集客活動をするのがもう当たり前の時代です。

 

この時代にWEBリテラシーが低いのは死活問題なので、早急に頭を切り替えていきましょう。

リモートワークに対応できる

コロナの影響もあってかリモートワーク(テレワーク)が注目されましのは記憶に新しいです。

 

勘違いしないで欲しいのですが、リモートワークって在宅で仕事をすれば良いって話ではないのです。

パソコンを使って会社に対して価値のある仕事が出来ないのであれば、あなたは会社に必要ない人間となるでしょう。

 

リモートワークってポジティブに捉えている方もいるかもしれませんが、結構シビアな問題なのでリモートワークでも通用するビジネススキルは必要です。

サラリーマンでも節税対策をする(お金を残す)

サラリーマンの節税方法

サラリーマンの方は節税って考えた事ありませんよね。

節税対策は節約的な意味にもなりますしそもそも払うお金を減らせるのでお金を残す事が可能になります。

こんな不景気なご時世ですからね、普通のサラリーマンだったとしても節税対策は重要です。

こういった財テクから学んでいくとネットビジネスの重要性がわかると思います。

■個人事業主になり節税をする

副業で月に10万円以上も稼げる様になれば個人事業主としての申請も必要になります。

厳密には副業で年間20万円以上の利益がでるのであれば納税義務があるので申告が必要です。

節税って言われても面倒であったり、何か怖いと感じるかもしれません。

しかし!

節税って実は超重要でお金持ちになる為には必要な権利であったりします。

経費で落とせるモノ

通信費(インターネット回線)、携帯料金、家賃一部(20%くらい)

経費で使えるモノは事業内容によって異なるので上記以外にも沢山あります。

通信費、携帯料金、家賃は生活していたら絶対に発生する料金です。

でもネットビジネスであれば、これらを経費で使えるので年間で数十万円分も得します。

毎月5万円の家賃であれば4万円で済わけですから節税が節約になるのです。

節税って知識は普通のサラリーマンだったとしてもお金を残す為には必須です。

ネットビジネスで毎月稼げる様になる事で人生の負担を減らしてくれるのです。

だから今スグに始めるべきだと思います。

上記で紹介しました経費に関しては数字に関しては明確なモノじゃないので、担当の税理士さんにご相談くださいね。

 

サラリーマンにもおすすめな副業

現時点でなにかWEBで戦えるスキルがあるのならそれを使えばいいのですが、とくに何も無い方にオススメなのがWebライティングです。

Webライティングとは文章を書く仕事になります。

 

ただ好きな文章を書くわけではないので、Webライティングの為に少し勉強する必要はあります。

具体的な勉強ですがWebライティングに関する書籍を読んで、10~20記事ほど書けば早い方で2週間ほどで稼げるレベルになります。

 

それと文章を書く時はPREP法という優秀な記事の書き方があり、これを使える様にしておきましょう。

>>PREP法の書き方!初心者でも論理的に文章を書く方法

Webライティングの料金

初心者の方であれば、1文字0.3~0.5円くらいから始めるのが一般的です。

なので3000文字書いた記事を納品して約1000円くらいの報酬になります。

 

ただこの文字単価は業種とかによって様々なので専門性が高い分野ほど単価が上がったります。

医療、法律、看護師、金融、こういったジャンルであれば文字単価も高めですね。

 

ただ最初は単価はアテにせず数をこなしてスキルを高めていくといいでしょう。

3000文字を10記事ほど納品すれば1万円ですからね。

 

仕事の獲得方法ですがLancersというサイトに登録して、Webライティングの仕事を引き受けてみましょう。

>>Lancersはこちら

 

これまで散々説明しましたが、日本経済は低迷しておりこれから潰れる会社もあるかもしれません。

そんな自体が起きてもいい様にWEB業界で戦える知識やスキルを身に付けましょう。

 

その第一歩としてWebライティングはオススメなので、まずは1万円を稼いでみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。