コンテンツビジネス

コンテンツビジネスが個人でも儲かる理由!今スグに始めるべき理由

今回の記事ではコンテンツビジネスとは何なのか?個人でも儲かる理由や今スグに始めるべき理由をお話します。

コンテンツビジネスの魅力やメリットをお伝えします。

コンテンツビジネスとは

コンテンツビジネスとは知識、経験、ノウハウなどを電子コンテンツ化して販売するビジネスです。

電子書籍みたいなものもコンテンツ販売の一種ですね。

 

最近であれば、note、udemyといったプラットフォームでも個人でノウハウを販売している方も多いです。

この記事を読んでいる方も既に何かしらのコンテンツは購入経験あるのではないでしょうか。

悩みを解決するコンテンツを作る

具体的にどんな商品を作るのか?というと悩みを解決する商品です。

基本的に人間の悩みは、お金、人間関係、健康、この3つに該当します。

 

例外もありますがこの3つを中心に考えてみましょう。

20代の男性40%が童貞である!こんなデータがあります。

つまり20代の3人に1人は童貞なわけですから、彼らに向けて童貞卒業するノウハウというコンテンツを作成すれば売れるでしょう。

 

この様に顧客の悩みを解決するコンテンツを作成すれば売れるのです。

ちなみにコレは恋愛の延長線上ですから、人間関係の悩みに該当しますね。

ニッチな商品を作る

コンテンツビジネスで稼ぐポイントは、ありきたりな商品ではなくてニッチな商品を作ることが大事です。

童貞卒業する方法、かなり卑猥な内容ではありますが大手企業がやっていないし、本屋とかで堂々と購入できません。

 

綺麗事ではない人間の欲求に答える!これがコンテンツビジネス魅力でもあります。

これまで当たり前に彼女がいた人からすると童貞卒業ノウハウなんて売れるのって思うかもしれません。

 

しかし、本人からしてみたら大問題で今にでも解決したい問題なのです。

自分がこれまで人生で深く悩んだ経験があり、その解決策を知っているのなら、あなたのコンテンツを待ち望んでいる顧客はいるでしょう。

 

一度過去を棚卸ししてみてください。

儲かるアイディアが沢山出るかもしれません。

 

例として恋愛に関する事例を公開しましたが他にも事例は沢山あるので、note、udemy、本屋などに足を運んで調べてみてください。

こんなの売れるのかよ!?ってレベルのものが売れたりします。

コンテンツビジネスの市場規模

これは総務省のデータです。

実はコンテンツビジネスの市場規模は2019年のデータでも11兆9552億円もあり、既に巨大な市場となっています。

 

これらにはNetflixみたいな企業も含まれております。

とは言え僕たちの様な個人が参入するであろうネットオリジナルと書籍ソフトといった市場でも1兆円ほどの規模はありそうです。

 

コンテンツビジネスという言葉は、あまり馴染みない言葉ですが、この市場規模を考えたら当たり前に実践するべきビジネスだと考えることができるでしょう。

コンテンツビジネスが儲かる理由

まず結論から述べるとコンテンツビジネスは儲かります。

しかも個人や副業レベルで実践できて、たった一人でも月収100万円、1000万円、億という金額を生み出されるのです。

 

本当に稼げるのかその理由を説明します。

無限に販売ができる

コンテンツビジネスは、一度作った商品を何度も繰り返し販売できるので理論上は無限に販売することが可能です。

これはリアルな社会と比較しても凄いことですよね。

 

例えば営業みたいな仕事であれば、1日に数十件の営業が関の山だと思います。

でもコンテンツビジネスであれば、1日に1個、10個、100個、1000個売れたとしても労力は殆ど変わりません。

 

購入者はサイトから電子コンテンツをダウンロードするだけですからね。

なので、たった1つのコンテンツがヒットするだけで、月収100万円を稼ぐことが出来てしまうのです。

 

ちなみにnoteというプラットフォームで、恋愛系に関する電子コンテンツは人気で億を稼ぐプレイヤーもいますよ。

個人でしか出来ないビジネス

先程も事例で紹介しましたが、童貞卒業ノウハウって大手企業で販売するのは難しいですよね。

 

大手が簡単に参入できない、ここにチャンスが沢山あります。

基本的にコンテンツビジネスって人間の深い悩みを解決する商品を作成します。

 

綺麗事だけでは解決しない、表では言えない、そんな悩みと向き合っていくのです。

刺さる人には圧倒的に刺さる、そんな商品を作成しましょう。

 

そんな商品を作ることで大手では作れない商品が作成出来るので個人でも十分に戦っていけるのです。

 

高単価な商材が作りやすい

いきなりですが、ここでワンポイントアドバイス。

効率よく稼ごうと思ったら低単価なものを量産するよりも、最高のコンテンツを高額で販売した方が上手く行きやすかったりします。

 

ちなみに高単価とは10万円以上する様なコンテンツのことをいいます。

僕がやっている様なビジネスや稼ぐ系といったジャンルでコンサルティングを受けようと思ったら30~100万円くらいが相場です。

 

仮に恋愛スクールを30万円で販売しようと考えた場合、高い様に見えるかもしれません。

しかし大手がやっている結婚相談所は年間で使うと30~60万円くらいが相場です。

 

大手がやっている結婚相談所はマッチングするごとに費用が発生したりするし、結婚できなければ一生通うことになるので100万円支払ったなんて方もいます。

実情考えると個人でやっている恋愛スクールの方が良心的だったりしますからね。

 

恋愛スクールを30万円で年間で100件販売できれば、年商3000万円ですよ!?

もし恋愛に得意なのであれば、是非考えてみてください。

 

恋愛以外にも年商1000~3000万円くらい稼げるコンテンツビジネスはゴロゴロありますよ。

仕組み化・自動化しやすい

ビジネス未経験の方だど仕組み化・自動化と言われてもピンとこないと思います。

 

ビジネスで稼ごうと考えたら重要なことでコンテンツビジネスは仕組み化や自動化がしやすいのです。

別の記事で説明しますがステップ配信ツールというモノがあります。

 

このツールを使い自動で売れる仕組みを構築してしまえば、圧倒的に少ない労力で売上を作ることができるのです。

 

しかも!先程説明した高単価商品と組み合わると・・・・

30万円クラスの商材を自動で販売できる、そんな仕組みを構築することが可能です。

 

コレは凄いですよね。ここまで聞いてやらない理由がわかりません。

プラットフォームに左右されにくい

インターネットでビジネスをやる以上プラットフォームを使うのは大前提です。

 

プラットフォームとは、YouTube、Twitterの様な人が集まる媒体を指します。

プラットフォームを利用する以上、そのルールに沿ってビジネスを展開しないといけません。

 

人が集まる媒体なので集客力はあるのですがルールを破ってしまうとアカウントがBANされ一瞬で収益がなくなる事があります。

例えばYouTube。

収益がいきなりゼロになる

YouTubeで毎月100万円を稼げていたとします。

ちょっとした誤りでガイドラインに違反する動画をアップしてしまいチャンネルがBANされる。

 

すると収益がいきなりゼロになってしまう!プラットフォームを利用しているとこんな事があるのです。YouTubeは過去に似た事例がありました。

 

昔キッズ向けにアンパンマンなどのオモチャを使って遊ぶ動画が非常に人気でした。

大人気のジャンルだったのですが、子供向けに広告を出すのは良くないとされ、オモチャ系が収益不可となる事件があったのです。

 

まさに天国から地獄。プラットフォームに依存しているとこんな事があるのですよね。

僕もYouTubeで月に50万円くらい稼げているチャンネルがありました。

 

ある日、突然にチャンネルがBANされて収益がゼロになるという経験があり本当にショックでした。プラットフォームに依存するのは怖いので気をつけてくださいね。

 

その点、コンテンツビジネスはDRMという手法でビジネスを進めていくので、プラットフォームに依存しにくいのでオススメです。

稼ぐだけではなく、稼ぎ続ける事も考えて行動していきましょう。

 

※DRMについては別の記事でご紹介します。

理想のライフスタイルを構築できる

コンテンツビジネスはニッチな市場で高単価商品を作れたり、自動化できたりと魅力が沢山あります。

 

その中でも最も大事なのが理想のライフスタイルを追求することができます。

これが最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

 

コンテンツビジネスは在庫も無いしパソコン1台あれば実践できます。

働く時間も場所も制約はないので自分の好きな時間や場所、土地で働くことができるのです。自由度はかなり高いですよ。

 

売上のコントロールがしやすい

自動化・仕組み化がしやすいので効率よく売り上げることもできるのですが、

空いてる時間を作り自分の事をしたいと思ったら、仕組みを止めればいいのです。

 

店舗だとそんな事はできませんがコンテンツビジネスなら全然問題ありません。

また売上が必要になれば、再稼働すればいいですからね。

 

この様に売上のコントロールがしやすいのはコンテンツビジネスならではでしょう。

1年に1回セールスして数千万円稼いで終わりって方もいますからね。

トコトン売りたい方は徹底して売ってもらって構いません。

 

面倒な人間関係からの開放

ビジネスをやっていると好きでもない人間、合わない人間と無理矢理仕事をさせられる事はありませんか?

会社の場合だと断ることはできませんが、コンテンツビジネスにおいては断っても大丈夫です。

 

あくまで個人でやっているビジネスなので、あまりにも波長が合わない方とは無理してお付き合いする必要ないのです。

僕もコンサルをやっておりますが流石に合わない方はお断りしてしまいます。

 

ワガママに思うかもしれませんが、お互い嫌い者同士で仕事する方が疲れますよね。

嫌な人と仕事をしないことでストレスも溜まりにくいし、人間関係で潰れる心配はかなり軽減されます。

 

まずは副業から始めてみよう

いかがでしたか?

コンテンツビジネスは大手企業ができないジャンルや分野が多いので個人でも勝ち筋が十分にあります。

 

大手がやっている事は個人がやる必要ありませんからね。

更にはニッチなジャンルで高単価商品を作る、自動で売れる仕組みを作って労働時間を圧倒的に減らす、嫌いな方とは付き合わず、好きな時間や好きな場所(土地)で仕事をする。

 

コンテンツビジネスは、本当の意味で理想的なライフスタイルがおくれるので是非チャレンジしてみてくださいね。

まずは副業から始めてみましょう。

期間限定で無料プレゼント

DRM、コピーライティング、自動化構築スキル、たった3つのスキルを覚えるだけで、ゼロ→月100万達成する方法。

全くの初心者でもコンテンツビジネスの始め方~稼ぎ方まで徹底解説した教材「CONQUEST」を無料で提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。