ネットビジネス

ネットビジネスを今スグに始めるべき3つの理由!サラリーマン必見

ネットビジネスを始める理由
どうも中神です。今回の記事はサラリーマンのあなたに是非読んで欲しい内容です。

ネットビジネスって興味あるけどやってみたいけど怪しい。詐欺なんじゃないの??みたいな話で終わらせていませんか。

日本人の特徴として臭いものにフタをしてしまい直視しない悪い癖がありますが直視してください。そろそろ無視できませんよ。

お金、人間関係、仕事などあらゆる悩み解決方法はネットビジネスを極める事だと思っています。

今回の記事をご覧になりネットビジネスを始めるキッカケになったら幸いです。

ネットビジネスを今スグに始めるべき3つの理由

①会社以外の収入源を構築する
②リモートワークに対応する
③サラリーマンでも節税する

以上3点を中心にネットビジネスを今スグに始めるべきだと思っています。その理由をこれから解説していきますね。

■ネットビジネスの魅力

パソコン1台で稼ぐ

結論から言ってしまうと現時点でネットビジネスをやっていないのなら、ネットビジネスを実践することはメリットしかありません。

ネットビジネスはパソコン1台で実践できて少ない時間、少ない労力で圧倒的に稼ぐ事ができます。レバレッジが凄いのです。

例えば僕の場合であればソコン1台だけで年商1000万円以上を稼いでいるのですが、稼ぐために必要な時間は1日30分くらいで完結します。

嘘だろって思うかもしれませんが僕以外でも実例は沢山ありますし、あなたがこれからネットビジネスを始めてもこれから月に100万円稼ぐ事も普通にありえる話です。

■まずは副業から始めてみる

ネットビジネスは超絶おすすめですがいきなり起業する必要もありませんから、まずは副業からやってみたらいいと思います。

パソコン1台で始める事ができますし、時間も場所も選ばない。とくに無料で始めることができるので金銭的なリスクは殆どありません。

リスクが殆どないのにリターンは無限大。やらない理由がないのですよね。人生で1度はチャレンジするべきです。

2021年おすすめネットビジネス
2021年おすすめのネットビジネス!アフィリエイトはオワコン!?ネットビジネスといっても種類は初心者の方ですとその中から正解を選ぶって至難の業だと思います。 またネットビジネスを個人で行うという...

①ネットビジネスで会社以外の収入源を構築

日本経済の問題といえば

終身雇用の崩壊、年金支給70歳、老後資金2000万円問題、少子高齢化に加えてコロナの影響で45歳リストラを導入する会社もありました。

こういった大きな問題に加えて働いても中々給料って上がらないですよね。

そんな背景から会社以外の収入源を構築しないと何か問題が起きた時に対処できないでしょう。

■副業ネットビジネスで毎月10万円稼ぐ

ネットビジネスで毎月10万円稼ぐ

会社の給料を毎月10万円上げるって簡単じゃないですよね。

でもネットビジネスを副業で行った場合、毎月10万円を稼ぐ事って決して難しくないです。恐らく会社の給料を10万円上げるよりも副業で10万円目指した方が簡単でしょう。

月収10万円稼げる様になれば年間で120万円の給料アップですからね、かなり大きな金額となります。

■ネットビジネスでリスクヘッジ

ネットビジネスなんて儲けたい奴がやればいい!なんて思っている方もいるでしょうけどこの日本経済の問題からも必要だと思うのです。

いまは大丈夫だったとしても将来どうなるかわからないので、リスクヘッジとしてもネットビジネスをやっておく事も重要ですね。

給料アップ、リスクヘッジの観点からも会社以外の収入源をネットビジネスで稼ぐのは理想的。まずは副業から始めてみましょう。

■終身雇用、年金、老後資金に備える

日本は終身雇用も無いですし年金も受給年齢が伸びています。僕みたいな30代に関しては年金貰えるのが80歳になるのでは、そんな予測もあるのです。

老後資金は国が用意してくれるだけでは厳しいので、個人で貯蓄をしておかないといけません。

給料やリスクヘッジ以外にもお金の問題は山積みなので、対策しておかないと将来厳しいですよね。

②リモートワークに対応できる知識やスキル

リモートワーク(テレワーク)

コロナの影響もあってかリモートワーク(テレワーク)が注目されましのは記憶に新しいです。

勘違いしないで欲しいのですが、リモートワークって在宅で仕事をすれば良いって話ではないのです。

パソコンを使って会社に対して価値のある仕事が出来ないのであれば、あなたは会社に必要ない人間となるでしょう。

リモートワークってポジティブに捉えている方もいるかもしれませんが、結構シビアな問題なのでリモートワークでも通用するビジネススキルは必要です。

■ネットビジネスのスキルを身に付ける

ネットビジネスのスキルがまさにリモートワークには必要なスキル。日本の会社ってITに弱いところが多いのですが、これからの時代はITが主流となります。

そんな時代にネットビジネスのスキルがないとリストラ対象間違いなしでしょう。

お金の面以外にも会社で自分のポジションを確立する為にもスキルはしっかりと磨いておきましょうね。

最悪の結果、働きたくても働けない!となってしまいます。最悪を想定して動きましょう。

ネットビジネスは稼ぐ事がお金だけじゃなく仕事という視点からも必要です。ネットビジネスを学び稼げば一石二鳥で解決できます。

③サラリーマンでも節税対策をする(お金を残す)

サラリーマンの節税方法

サラリーマンの方は節税って考えた事ありませんよね。

節税対策は節約的な意味にもなりますしそもそも払うお金を減らせるのでお金を残す事が可能になります。

こんな不景気なご時世ですからね、普通のサラリーマンだったとしても節税対策は重要です。

こういった財テクから学んでいくとネットビジネスの重要性がわかると思います。

■個人事業主になり節税をする

副業で月に10万円以上も稼げる様になれば個人事業主としての申請も必要になります。

厳密には副業で年間20万円以上の利益がでるのであれば納税義務があるので申告が必要です。節税って言われても面倒であったり、何か怖いと感じるかもしれません。

しかし!

節税って実は超重要でお金持ちになる為には必要な権利であったりします。

経費で落とせるモノ

通信費(インターネット回線)、携帯料金、家賃一部(20%くらい)

経費で使えるモノは事業内容によって異なるので上記以外にも沢山ありますが、通信費、携帯料金、家賃は生活していたら絶対に発生する料金です。

でもネットビジネスであれば、これらを経費で使えるので年間で数十万円分も得します。毎月5万円の家賃であれば4万円で済わけですから節税が節約になるのです。

節税って知識は普通のサラリーマンだったとしてもお金を残す為には必須です。

ネットビジネスで毎月稼げる様になる事で人生の負担を減らしてくれるのです。だから今スグに始めるべきだと思います。

上記で紹介しました経費に関しては数字に関しては明確なモノじゃないので、担当の税理士さんにご相談くださいね。

インターネットビジネスが中心の世界

IT化

そもそもですが今の世の中ってインターネットが中心で当たり前なんですよ。

日本人の殆どかスマホを持っており常時インターネットに接続しており、ネットを介してコミュニケーションしていますよね。

飲食店を始めたとしたらお店の情報を発信する為にネットを活用するでしょう。

IT化による格差も広がる【二極化】

日本は世界的にみても格差があまりない国ではありますがIT化が進む事により格差も広がるでしょう。

例えば無人コンビニというシステムが日本でも導入されたらコンビニで働く人は職を失うでしょう。

でもビジネスオーナーは人件費が浮いて「ウハウハ」なんですよね。IT化による格差とはシステムが導入される事により効率化が進み、ビジネスオーナーの利益に直結します。

つまりこのシステムを使える者にとっては恩恵があるが、そうではない普通の労働者は職を失うだけなのです。

ここまでの話が理解できたのなら、ネットビジネスをやらない理由がありません。今スグに行動を移していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です